活動モジュール

Moodleには様々な種類のコースを作成できるように、幅広い活動モジュールが含まれています。


 Hot Potatoes

HotPotモジュールでは教師がMoodle経由でHot Potatoesクイズを管理することができます。教師のコンピュータでクイズを作成し、Moodleのコースにアップロードします。
学生がクイズを受験した後、個々の問題がどのように答えられたのか等、評点における統計的なトレンドを表示するいくつかのレポートを利用することができます。

 SCORM/AICCパッケージ

SCORM/AICCパッケージは学習モジュールのSCORMまたはAICC標準仕様に基づいた一連のウェブコンテンツです。 これらのパッケージにはウェブページ、グラフィック、Javaスクリプト 、フラッシュ、その他ブラウザで動作するファイルを含めることができます。SCORM/AICCパッケージにより、簡単に標準的なSCORMまたはAICCパッケージをMoodleへアップロードして、コースの一部にすることができます。

 Wiki

Wikiではウェブブラウザを利用して、シンプルなマークアップ言語により、集合的な文章を作成することが可能です。

「Wiki wiki」はハワイの言葉で「凄く速い」ことを意味し、wikiテクノロジーにおけるページの作成・更新スピードの速さを表現しています。一般的に、文章の修正に事前の確認はなく、ほとんどのwikiは普く公開されているか、wikiサーバにアクセスできるすべての人に開かれています。

Moodle Wikiモジュールでは参加者がウェブページを通してコンテンツの追加、拡張、修正を行うことができます。古いバージョンのコンテンツは削除されることはなく、リストアすることができます。

このモジュールはErfurt Wikiをベースに作成されています。


 データベース活動

データベースモジュールでは教師および学生があらゆるトピックに関するレコードエントリのバンクを構築、表示および検索することができます。これらのエントリのフォーマットおよび構造にはイメージ、ファイル、URI、数値およびテキスト等、ほとんど制限がありません。あなたはMicrosoft AccessまたはFilemakerデータベースを構築するための似たような技術に慣れ親しんでいることでしょう。

 フィードバック

フィードバックではあなたの学生に対して独自調査実施することができます。

 フォーラム

この活動は最も重要な活動です - ほとんどの議論がここで行われます。 フォーラムは異なる形に作成すること、それぞれの投稿に対して相互評価することができます。投稿は様々なフォーマットで閲覧することがで、ファイルを添付することもできます。フォーラムをメール購読することで、参加者は新しい投稿内容をメールで受信することができます。教師はメール購読を全員対して強制することもできます。

 ラベル

これは実際の活動ではありません - テキストやグラフィックの挿入が可能な「ダミー」活動で、コースページの他の活動の間に配置することができます。

 リソース

リソースは教師がコースで使用する情報コンテンツです。これはコース用のサーバにアップロード、Moodle内のページを直接編集、またはコースの一部として外部のウェブページを表示する形で準備することができます。

 レッスン

レッスンでは楽しくフレキシブルな方法で学習コンテンツを提供します。レッスンは複数のページで構成されます。通常、各ページは問題と複数の考えられる答えで終了します。学生が選択した答えにより、次のページに進むか前に戻るか決定されます。レッスンのナビゲーションが単純になるか複雑になるかは提供される教材の構造に大きく依存します。

 ワークショップ

ワークショップは多くのオプションを持った相互評価活動です。参加者は見本になる課題と同様に、それぞれの課題を様々な方法で評価できます。同時に、様々な方法でこれらの評価を収集・配布することができます。 ワークショップモジュールはRay Kingdonより提供されています。

 課題

課題では教師が学生に (あらゆる種類の) デジタルコンテンツ の作成を求め、それらをサーバにアップロードさせることができます。標準的な課題には日誌、プロジェクト、レポート等を含みます。このモジュールには評定機能があります。

小テスト

このモジュールでは教師が小テストをデザインおよび設定することができます。小テストには多肢選択問題、○/×問題、組み合わせ問題等、様々なタイプの問題を含むことができます。

小テストでは1回または複数回の受験を許可することができます。学生の小テスト受験および受験内容の確認に関して、様々なオプションがあります。

ほとんどの問題は自動的に採点されます。また、教師が手動で評定しなければならない問題もあります。教師は自動的に採点された評点を手動でオーバーライドすることもできます。


 調査

調査モジュールはオンライン学習環境における評価および刺激に関して有益であると検証された多くの調査手段を提供します。 自身の授業に関して学ぶことや、指導に反映させる手助けとするため、教師は学生からデータを収集する目的で使用できます。

 投票

投票はとても簡単な活動です - 教師が質問および質問に対する複数の選択肢を定義します。これはトピックに対する考えを刺激するためや、コースの方向付けを行うために投票したり、リサーチコンセントを集める場合に便利です。

 日誌

このモジュールは非常に重要な熟考活動です。教師は学生に特定の話題について熟考するよう求めます。そして学生はゆっくり時間をかけて自分の答えを練り直すことができます。この答えは私的なもので、教師のみ閲覧することができます。教師はそれぞれの日誌に対してフィードバックを与えたり、評定することができます。1週あたり1つの日誌活動が理想的です。

 用語集

用語集では参加者が辞書のような定義リストを作成および管理することができます。

登録データを、様々なフォーマットで検索または閲覧することができます。

また、教師は用語集エントリを1つの用語集から同一コース内の別の (メインの) 用語集にエクスポートすることができます。

コースを通して、用語集のエントリに自動的にリンクすることができます。

全ヘルプファイルのインデックス
このヘルプを次の言語で表示する: English